ネットの自動車保険はメリットだらけ?意外なデメリットに注意!!

ネットの自動車保険はメリットだらけ?意外なデメリットに注意!!


ネットならいつでも見積もり契約が可能

初めて自動車を購入する人は、購入契約とともに保険の契約も済ませるかもしれません。自動車保険は1年契約になるので翌年に更新の連絡などがあり、そのまま更新手続きをするか見直しか、さらに別の損保会社に乗り換えるかの判断が必要になります。他の損保会社に乗り換えとなると見積もりを取ったり契約書を交わしたりと面倒だと思いそのまま更新する人もいるようです。ネットの損保会社であればネット上からいつでも見積もりができます。比較サイトを利用すれば複数の会社の見積もりを一度に取れ比較もしやすいでしょう。どこに加入するか決めたら契約になりますがその時もネットから契約が可能です。見積もり時に簡単な入力は必要になりますが、書類のやり取りなどは不要で契約内容の確認もネットで行えます。

担当者の顔が見えなくても大丈夫か

自動車保険を自動車販売会社の代理店や損保会社の外交員から直接加入するときがあります。このときはそれぞれ担当者の顔や対応を見ながら契約でき、将来事故などが起きたときはその担当者に連絡をして手続きを行います。事故が起きたときはいろいろ不安になるので、どんな人が対応してくれるのかを知っているのは心強いかも知れません。ネットから加入する自動車保険は契約者ごとに担当者が決まっているわけではなく、事故などで問い合わせをする都度担当者が決まります。つまりは契約時に担当者の顔やどんな対応をしてくれるかがわかりません。この部分がネット契約のデメリットと言えるでしょう。過去に事故歴がなくて自動車保険はあくまでも万が一に備えるものとの考えであれば、必ずしも担当者の顔を知る必要はないでしょう。

性格によってネット契約の向き不向きがある

テレビコマーシャルでネット系の自動車保険のものがあり、安く加入できる点や事故対応が優れている点などをアピールしています。確かに代理店系の損保会社よりも安く入れるようですが、安易にネット系を利用しない方がいい人もいるので自分に合っているかどうかを考えてみましょう。ネット系の自動車保険は自分で見積もりして加入、さらに見直しをしなければいけません。日ごろからまめに情報収集をして、契約の更新日の管理などがきちんと行える人に合うと言えそうです。一方保険は保険会社が見積もりをするもの、更新は保険会社が教えてくれたり自動的にされるものと考える人はネット系の自動車保険には向きません。保険料は高くなりますが、契約内容を説明してくれたり更新を教えてくれる代理店系を利用した方がいいでしょう。

自動車保険は保険料が重要となります。インターネットを使って複数社の見積もりを取り寄せて検討することが鍵となるのです。10分程度で完了します。