新規事業の展開や事業存続に必要な資金を工面する際に知っておきたいこと

新規事業の展開や事業存続に必要な資金を工面する際に知っておきたいこと


事業者向けに低金利で融資をしている金融機関を探そう

新規事業の展開や事業存続に必要な資金の不足が見込まれる場合には、早い段階で事業者向けに低金利で融資を行っている金融機関を探し始めることが重要です。特に、一千万円を超える高額な融資を希望する際は、融資の条件が厳しくなったり、審査のために様々な資料の提出を求められたりすることがあるため、余裕を持って準備を始めることがポイントです。最近では、法人向けのホームページに低金利のローンの仕組みについて分かりやすく記載している金融機関の数も増えているため、無理なく返済を続けられそうなところをいくつかピックアップしてみるのも良いでしょう。

なお、収支の状況にかかわらず、法人設立から年月があまり経過していない場合は、一度に高額な融資を受けられないケースも少なくないため、じっくりと各金融機関の事情を調べることが大事です。

返済期間や返済方法を柔軟に選べるところがおすすめ

金融機関から事業資金の融資を受けたい時には、返済時の経済的なリスクを少なくするために、返済期間や返済方法を柔軟に選択できるところを借入先に決めることがポイントです。そこで、融資の流れについて詳しく知りたい場合は、評判が良い金融機関の中でも、中小零細から大企業まで様々な業種の企業に対する融資の実績があるところに相談を持ち掛けることが大切です。大手の金融機関においては、会社経営者や自営業者が融資の可否について自分でチェックできるよう、ホームページ上に無料のシミュレーションを導入しているところも多くあります。また、短期間のうちにまとまった資金が必要であれば、法人向けのカスタマーセンターを通じて、融資に関するノウハウを持つオペレーターに質問してみるのも良いでしょう。

少額の融資ならネットで手続きができる金融機関もある

顧客満足度が高い銀行や信用金庫の中には、百万円未満の少額の事業資金の借入の際に、ネット上で簡単に手続きができるところも珍しくありません。また、主にネット上の返済システムを利用して完済を目指す契約者を対象に、各種手数料を無料に設定している金融機関の数も増えているため、じっくりと使い勝手が良いところを見極めると良いでしょう。金融機関の営業時間外の融資に関するサービスの良し悪しについては、それぞれの銀行の方針や顧客数などに左右されるため、余裕を持って長くお世話になることができる銀行を見つけることが大事です。その他、なるべくスピーディーに融資を受けるには、法人専門の融資の担当者の人数が多い金融機関を中心に選ぶことがポイントです。

事業資金とは事業を立ち上げる際に必要な経費のことで、銀行や補助金・助成金などから調達することが出来ます。