大学で学べる心理学ってどんなもの?授業内容は?

大学で学べる心理学ってどんなもの?授業内容は?


心理学は人気の学問です

私達人間の心と行動を科学し、分析していく心理学という学問は、昨今精神的な病を持つ人をサポートするための医学としてや、心とは何かを考える生物学、人と人との関わり合いが心や社会にどういった変化をもたらすのかといった社会学など非常に幅広い分野で活用されています。活躍できる現場が多い分、学びたい学生の数も年々増加傾向にあり今現在多くの大学で心理学科が創設されています。今回はこれから大学に入り心理学を専攻したいと考えている方のために、大学で学べる心理学についてご紹介します。

そもそも心理学とはどういったものなのか

心理学と呼ばれる学問には2つの区分が存在します。1つ目は様々な実験などを通じて人間の心を分析、科学する基礎心理学です。基礎心理学はさらに認知心理学や感覚心理学、生理心理学などに細分化されますが、主に人の感情や身体に与えられた刺激がその後の行動にどのような変化をもたらすのか、といったことを研究し人間の心の真理を追求する学問といわれています。そして2つ目は応用心理学と呼ばれる、基礎心理学で得られた実験結果を応用し教育や医学、産業に活かすための研究を行う学問です。応用心理学も基礎心理学と同様に細分化されており、臨床心理学、産業心理学、犯罪心理学、スポーツ心理学などが存在します。

大学ではどうやって心理学を勉強していく?

心理学科での授業は、大学によって内容が大きく変わります。1年次は基礎心理学と応用心理学の2つをバランス良く勉強し、2年次以降は希望のクラスを選択し、自身の学びたいものを研究していくといったケースや、1年次から認知心理学や社会心理学といった専門のコースを選ぶことができる大学も存在しています。また学科自体も心理学としてではなく臨床心理学科、心理福祉学科、スポーツ心理学科といったように専門的な学科として設立されていることもあります。

心理学を学べる大学の探し方

これから大学で心理学を学びたいと考えている方の中には、自分は一体どの大学の心理学科を選ぶべきなのか迷っている方もいることでしょう。大学選びに失敗しないためには、「自分は心理学を活かして将来どんな仕事がしたいか」を具体的にイメージすることがとても大切です。例えば心理学を学んで精神的な病と戦う人をサポートしたいのであれば臨床心理学を、心理学をスポーツの分野で活かしたいのであればスポーツ心理学を、教育分野で活かしたいのであれば教育心理学や幼児心理学を学べる大学に進むのが良いでしょう。

大学を卒業したあとは?

心理学科を卒業した学生は、大学で取得した認定心理士や社会福祉主事などの資格を活かした心理カウンセラーになる人、一般企業に就職する人、そのまま大学院に進む人など、心理学は多くの分野で活用されているため、卒業後に進む道も様々です。

心理学の大学の中には、心理学を学ぶ大学生が、福祉や医療などの専門家と連携して、不登校や引きこもりの人をサポートする取り組みが行われています。